50万円が分かれ道?! 総量規制を気にしないでキャッシングするために知っておきたい3つの基礎知識

皆さんもご存知かもしれませんが、2010年6月から改正貸金業法が完全施行され、総量規制が新しく導入されました。これによって消費者金融や信販会社、クレジット会社などの貸金融業者から年収の3分の1を超える借入れを行うことが出来なくなりました。このような現状を受けて、総量規制を気にしないでキャッシングするために知っておきたい3つの基礎知識を紹介したいと思います。

1つ目が、50万円以内であれば収入証明が必要じゃない場合が多いという点です。カードローンの利用やキャッシングを申込んだ際に金融機関から収入証明を提出することを求められる場合があります。ですが、この収入証明は必ず提出が求められるものではありません。50万円の上限までであれば所得証明などの書類を提出しなくても、借りられるところがほとんどです。なぜなら、法律で50万円以上には書類の提出が義務づけられており、それ以下の金額については義務づけられていないからです。

2つ目は銀行系か銀行系列であれば総量規制の対象外という点です。総量規制の対象となっているのはクレジットカード会社と消費者金融、信販会社のみです。つまり、銀行係のカードローンは規制の対象となっていないので、今まで通りキャッシングを受けることができます。

3つ目は各種のおまとめプランも対象外という点です。いわゆるおまとめローンは、現在借り入れているキャッシングやローンの残高を一括して借り換えることのできるローンのことで、不動産を担保にするものと無担保のローンがあって(事業性ローンは除く)、銀行やカード会社などで取り扱われています。
http://xn--t8j0c1cn.net/%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e3%81%8a%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81%e3%81%a8%e3%81%af/

したがって、2つ目の銀行系のカードローンと同様に総量規制の対象とはなりません。

ここでは総量規制を気にしないでキャッシングするために知っておきたい3つの基礎知識についてお話ししました。ここでお話しした3点の基礎知識を身に着けておくことで現行の改正貸金業法下においてもこれまでと変わらないカードローンの利用やキャッシングを受けることができます。キャッシングを利用するときには、この基礎知識を頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

教育ローンは合格前に申込み!審査期間と入学金支払いが重ならないための3つの準備

大学に進学するためには莫大なお金がかかります。まず入学金や授業料がかかりますが、他にも一人暮らしをする場合は引っ越し費用や家具家電代などもかかってきます。この費用をすべて貯金から賄えればいいのですが、足りなくて困ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな時に便利なのが教育ローンです。教育ローンは入学金や授業料の支払いだけでなく、仕送りにも使っていいものがあります。この教育ローンですが、利用するためには審査があります。審査に通らないとお金を借りることができないのです。この審査には時間がかかるため、支払期限ギリギリで申し込むと支払いが間に合わないことがあります。ここでは、審査期間と入学金支払いが重ならないための3つの準備についてお話しします。

 

まず1つ目は、納付金額と支払時期を確認するということです。第一志望の大学だけでなく、受験する大学すべての入学金の金額と支払時期を確認しておきましょう。なぜかというと、第一志望の大学より第二志望の大学のほうが入学金の金額が高い場合、第一志望分のお金だけ用意していると足りないことがあるからです。調べる方法は、各大学の入試要項やホームページなどでできます。合格発表の日から入学金の支払期日までの日数が短い大学が多いので、資金の準備に教育ローンを利用するためには、ゆとりをもって支払期日の12ヶ月前までには申込をしておいたほうがいいです。

 

2つ目は、貯蓄にも配慮して借りる金額を決めるということです。手元に貯蓄があると思います。その貯蓄をすべて使ってしまうといざと言うときの生活費が足りなくて困ってしまうことがあるかもしれません。そのようなことも考慮して、借りる金額を決める必要があります。いざと言うときの手元の貯金は、月収の半年分から1年分を残しておくと良いでしょう。また、他の支払いがある場合は、その分も考慮しなければなりません。

 

最後の3つ目は、実質年率と資金使途をじっくり比較検討して教育ローンを決めるということです。教育ローンを選ぶときには、金利+保証料で算出される実質年率で比較するようにしましょう。また、資金使途も比較検討する必要があります。授業料や入学金だけにしか使えない教育ローンもあれば、一人暮らしの生活費などの仕送りにも使える教育ローンもあります。どのような使い方をするのか、ということにも気を付けて選ぶ必要があります。

 

ここでは、審査期間と入学金支払いが重ならないための3つの準備についてお話ししました。審査期間と入学金支払いが重ならないためには、前もって受験校の納付期限と支払時期を確認して貯蓄にも配慮して12か月前までには申し込みを済ませておいたほうがいいです。また、実質年率と資金使途もきちんと比較検討して審査期間と入学金の支払いが重ならないようにしましょう。

40代既婚サラリーマンは出費が増える年代!キャッシングするなら銀行系キャッシングを勧める3つのワケ!

  子供が多くなっているので、学費や塾に通う費用は年々増えてくる方が多くいるそうです。給料だけでは一時的な出費に対応することはでないといってもよいでしょう。そこで、キャッシングやローンを利用することが多くあるのですが、これ以上負担となるようであるなら大変になるそうです。キャッシングでは、今まで消費者金融を使ってきたという方が多くいます。これを機会に銀行系で借りる方がよいということを知っておいた方がよいでしょう。 キャッシングにおいて銀行系がよいというのは、まず1つめに、金利の面においてメリットがあることです。金利が低いことで、返済計画が立てやすくなります。総支払利息が減りますので、返済も早くなり、負担も少なくなるという特徴があるのです。魅力の低金利は、銀行系ならではのものといってもよいでしょう。 2つめに、銀行の信頼度の高さがキャッシングにおいて安心させてくれるものとなります。これは、消費者金融とは違った審査基準によって審査が行なわれることや、銀行が行なうキャッシングには、窓口なども銀行となることから、さまざまな点において心配することもなくなるという効果をもっています。気軽に利用できるということが特徴といってもよいでしょう。 3つめに、銀行系のキャッシングの中で、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」はお勧めのサービスです。「バンクイック」は、郵送、電話申し込みのほかに、365日インターネット申し込みができます。審査も30分と早く、テレビ窓口なら申し込んでから40分で即日融資が可能なキャッシングです。限度額は最高で500万円まで借りることができ、金利については最大で14.6パーセントと、消費者金融よりも金利が低いものとなっています。150万円の借り入れでは9.6%と10%を切り、これは銀行ならではの特徴と示すものとなっています。 このようにキャッシングでは、銀行系のほうが安心で、金利が低いことから利用しやすいことがわかります。

奨学金延滞者が続出!うちの子は奨学金と教育ローンどっちを選ぶ?4つの判断ポイント

お子さんが大学に進学すると本当にお金がかかります。一年間で百万円単位でお金がなくなっていくので、この学費の捻出に頭を抱える親御さんも多いのではないでしょうか。でも、お子さんが決めた進路ですから、お金がないからと言って諦めさせたくはないですよね。親としてはお金を借りてでも進学させてあげたいという思いが強いと思います。この教育費ですが、純粋な大学の教育費だけ足りないのであればまだしも、他県の大学などに行くと生活費なども必要になってきます。これらすべてが必要な場合、4年間で1000万円の支出は覚悟しておいたほうがいいです。莫大な金額ですよね。すべて自分たちで用意できない場合は、お金を借りて大学に進学するという方法があります。この大学に必要なお金を借りる手段として、奨学金教育ローンがあります。これらは同じようなものだと勘違いされていますが、全然違うのです。ここでは、奨学金と教育ローンどちらを選ぶのか4つの判断ポイントをお話しします。

 

まず1つ目は、資金使途を確認しましょう。大学にかかる費用といっても、入学金や初年度納入金などのまとまった費用と、一人暮らしの生活費という毎月かかる費用があります。この2つでは、借り入れる方法が違ってきます。まとまった費用の場合は、1回で大きな金額を手に入れることができる教育ローンがオススメですが、毎月の生活費の場合は奨学金がオススメです。奨学金は毎月少額が振り込まれますので、大学納入金などのまとまったお金には向きません。

 

2つ目は、奨学金の利用条件にあてはまるのか確認しましょう。奨学金の場合は年収制限があります。この年収がある一定の金額を超えると借りることができないのです。例えば年収800万円以下という条件だった場合、年収が800万円以上の家庭は奨学金を利用することができないので教育ローンを利用しましょう。教育ローンのほうは、奨学金のような年収の制限はありません。

 

3つ目は、お金を手に入れられるのが必要なタイミングに間に合うのかどうか確認しましょう。例えば日本学生支援機構の奨学金を申請した場合、お金を受け取ることができるのは大学入学後になります。ですから、大学合格と同時に支払う入学金や初年度納入金は奨学金を待っていたのでは間に合いません。その場合、教育ローンを利用する必要があります。教育ローンの場合、早ければ1日で審査が終わるので、合格と同時に支払う入学金などにもあてることができます。

 

最後の4つ目は、誰が返済していくのかを確認しましょう。奨学金と教育ローンでは返済する人が違います。奨学金の場合は子供が契約をするので、責任を持って返済するのは子供になります。しかし、大学卒業後就職ができなかったり、収入が少なかったりした場合、返済できない可能性があります。実際に今奨学金の延滞をする人が増えています。一方教育ローンは契約者が親なので責任を持って返済していくのもになります。子供と親、どちらが責任を持って返済していくのかを、借りる前に決めておきましょう。

 

ここでは、奨学金と教育ローンどちらを選ぶのか4つの判断ポイントについてお話ししました。奨学金と教育ローンでは、資金使途・利用条件・お金を借りられるタイミング・返済する人が違ってきます。これら全てをきちんと考えた上で選ぶようにしましょう。

センター試験も終わったし早く決めなきゃ!高額だから迷う教育ローン3つの選択肢

センター試験が終わったら、もうすぐに大学入学です。お子さんが大学に進学すると本当にお金がかかります。一年間で百万単位でお金がなくなっていくので、この学費の捻出に頭を抱える親御さんも多いのではないでしょうか。でも、お子さんが決めた進路ですから、お金がないからと言って諦めさせたくはないですよね。親としてはお金を借りてでも進学させてあげたいという思いが強いと思います。そんな時に便利なのが教育ローンです。この教育ローンを利用すれば、必要な学費を借りることができます。この教育ローンは低金利ですが、借り入れる金額はかなり高額です。学費分を教育ローンですべて賄おうとすると500万円は借り入れることになるのではないでしょうか。ここでは、高額だから迷う教育ローン3つの選択肢をお話しします。

 

まず1つ目は、仕送りなどにも使える教育ローンがあるということです。教育ローンは実は様々な用途別の教育ローンがあります。その中に、仕送りにも対応しているものがあります。このローンは、入学金授業料だけでなく、下宿費用仕送り資金教材費等、借入目的の範囲が広くて、在学中にも利用することができます。例えば全国対応のものには、日立キャピタル、損保ジャパンのローンがあります。他にも地方銀行や信用金庫など、地域密着型の金融機関での取り扱いが多いので探してみましょう。

 

2つ目は、学校提携の教育ローンがあるということです。大きな大学では信販会社と提携して教育ローンを借りることができます。この学校提携のものは審査時間が短くて早ければ次の日に借りられるというメリットがありますが、お金は直接学校に振り込まれるというデメリットもあります。学校に直接振り込まれますから、生活費などには利用できません。また、金利も他の教育ローンと比べて高いので気を付けましょう。

 

最後の3つ目は、必要な都度利用できる教育ローンがあるということです。普通の教育ローンは授業料の支払いの時など必要な時にしかお金を借りることはできません。しかし、中には当座貸越タイプの教育ローンもあるんです。当座貸越タイプとは、カードローンのような仕組みで、借入期間中は借入限度額まで必要な金額を何度でも借り入れることができるものです。ついつい借り過ぎてしまうので、そのあたりは注意しなければなりませんが、計画的に利用すれば教育資金のやりくりに便利に利用できます。

 

ここでは高額だから迷う教育ローン3つの選択肢についてお話ししました。教育ローンには、このように仕送りなどにも使えるもの・学校提携のもの・当座貸越タイプのものと色々あります。教育ローンを選ぶときには、利用しやすい教育ローンを選ぶことはもちろん大切ですが、返済のしやすさも考えて選ぶようにしましょう。